第6回あらかわ子ども応援ネットワーク連絡会議

2018年7月9日(月) 於 荒川区役所

子どもの自己肯定感を高めるためには

今回のネットワーク会議では、現小金井市教育長で元東京学芸大学特命教授の大熊雅士先生にお越しいただき、「子どもの自己肯定感を高めるためには」というタイトルで講演をしていただきました。大熊先生には、荒川区内のプレイパークの活動や子どもの居場所づくりの活動の立ち上げ等にも積極的に関与していただいています。荒川区で地域の子どもたちを多方面から支えている方々に向けて、「現代に生きる子どもたちの自己肯定感をどのようにして育むか」というテーマを通して、改めて本ネットワークの活動の意義等についてお話しいただきました。

つながろう 不登校 「ツナグバ・カタルバ」

荒川区内で不登校の児童を持つ保護者等の自主的な相互協力のネットワークができました。今回はその代表者の方にも会議に出席いただきました。今後はネットワークの他団体との連携を深めつつ、不登校の児童生徒の支援において、現行の公的制度では補いきれない「スキマ」の部分を補っていくことが期待されます。

地域の都立高校定時制課程との連携

今回のネットワーク会議には、地域の都立高校定時制課程の先生にもいらしていただきました。現在の都立高校定時制課程では、様々な課題を抱える生徒が将来的に自立できるように特色のある教育を行っています。地域で子どもたちの支援を行う方々にとって、現在の高校定時制課程の現況と取り組みに関するご報告はとても参考になるものでした。

さらなる支援の輪の広がり

おかげさまで、活動資金のご寄付や、活動を行うために必要な物資のご寄付、実際に活動に関わってみたいという方が増えてきています。また新しく子どもの居場所作りの活動を立ち上げたいという方のご相談もあります。地域の子どもを見守る「緩やかだけれでども密な連携関係」がまた少しずつ発展しています。(あらかわ子ども応援ネットワークでは、毎月1回本活動にかかる説明会を荒川区社会福祉協議会にて実施しております。ご関心のある方はこちらからお問い合わせの上、どうぞお気軽にご参加ください。)

若い世代の参加

最近では、近隣の大学との連携も進んだことによって、現役大学生の参加も増えてきています。ある団体からは、若い世代が地域の子どもたちにとって身近な良きロールモデルとなっているという報告もありました。(ちなみに本ウェブサイトも20代・10代のメンバーで管理運営が行われています。)

次回のネットワークの連絡会議は、2018年10月15日(月)の予定です。

文責:畑佐 憲(事務局情報発信担当)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA